春風にのせて

メタ認識技術を活用した新しいライフスタイルをお届けします

映画「かみさまとのやくそく」は輪廻を描いている

 

輪廻はあると思いますか?

 

ご訪問いただきありがとうございます。

先日、「かみさまとのやくそく」という映画を見ました。

胎内記憶に関する子どもたちのインタビューをベースにしたドキュメンタリー映画です。

 

| 映画「かみさまとのやくそく」公式サイト

 

とっても考えさせられました。

生まれてくる意味とは何か、輪廻はあるのか。

 

映画終了後、監督が出てこられ、撮影談や想いも伺うことができました。

監督は命を大切にしてほしいとおっしゃっていました。

 

生まれるときに親を選んでやってくるお話、過去生のお話。

映画の中では子供たちが確信を持って話しています。

いったい誰がありえないと否定できるでしょうか?

 

科学的にはあることもないことも証明されていない。

そんな見えない世界をいま、受け入れられる時代になってきていると思います。

 

ただし、抽象的で不確かな世界、伝達ができない世界ととらえている限りは

それを現実に応用活用することは難しいとも感じています。

 

私は、見えない世界を受け入れて仕組みメカニズムを理解納得して、

因果応報の世界を乗り越えた人間になったときに、新しい文明が始まると思っています。

 

さて、冒頭の質問です。

輪廻はあると思いますか?

 

私の答え:あると思います。だけど、人間は、輪廻の外に出られます。