読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春風にのせて

メタ認識技術を活用した新しいライフスタイルをお届けします

フィギュアスケート観戦にみる日本人らしさ

観術をつかった解析

最高のフォローシップとは?

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

本日は閑話休題的に趣味のことを。

 

私、フィギュアスケートが大好きです。かれこれ10年くらい、全国回って試合観戦したりしてます。

 

f:id:spring33:20160117121457j:plain

※写真は初めての試合観戦。2003年全日本ジュニア 選手権@京都

真ん中は安藤美姫ちゃん。

 

とにかく試合観戦が最高なんです。なぜこんなに魅力を感じるのかなー?の考察。

 

フィギュアスケートはある種、特殊なスポーツです。自分の出番の時には何千人〜数万人の観客の視線が出番の選手のみに注がれます。

 

そんな中で、選手の演技というリーダーシップによって、観客や審査員はどんどん引き込まれていきます。

そして、最高の演技に終わったとき、熱狂的なスタンディングオベーションが会場全体を包みます。

 

 

ところで、よく海外の選手が日本のファンのことを温かい、会場の雰囲気が最高だと言ってくださいます。

 

私自身は海外観戦したことがないので比較出来ないですが、実際、会場の雰囲気は素晴らしいです。

 

 

どんなところが素晴らしいか。

 

〇 どんな国のどんな選手に対しても、惜しみない応援を送るところ。

 

〇 選手の気持ちとともに、一喜一憂するところ。

 

〇 上位下位に関わらず、その選手にとってのベストの演技ができたとき、選手とともに大喜びするところ。

 

〇 手拍子拍手と音楽がぴったり一致するところ。

 

こうやって挙げてみると、日本人の国民性が現れていますね。

まさしく最高のフォローシップだと思います。

 

あの空気、あの香りを感じるため、また会場に観戦しに行きたいです!!

 

 

f:id:spring33:20151227223900j:plain