春風にのせて

メタ認識技術を活用した新しいライフスタイルをお届けします

アイスランドの思い出

ご訪問いただきありがとうございます。

 

一度行き、いつかもう一度行きたい国、アイスランドについての旅行記です。ちゃんと書きたいと思っていたので備忘録も兼ねて。

f:id:spring33:20171102174524j:plain

アイスランドの街並み。北欧のテイストで、とってもかわゆい。


アイスランドに行ったのは2012年9月のこと。もう5年になります。

 

アイスランドってどこにあるかわかりますか?大西洋の北部の島で、アメリカ大陸とユーラシア大陸の間にあります。日本から行こうと思うと旅費も時間もかかるので、結構レアな国だと思います。この5年、私も行った!という人にまだ出会えていません。

 

アイスランド - Wikipedia

 

イギリスに1月ほど滞在していたときに、友人に誘われ、週末を利用して2泊3日で旅行しました。金曜日の夜に滞在地ケンブリッジからロンドンへ移動し、国際線飛行機にてアイスランド首都レイキャビークへ。3時間ほどのフライトです。

 

どきどき初めての外国から外国への一人旅

 

一緒に行こうと私を誘った友人は、私が行く前日にすでにアイスランド入りしてしまいました。(一緒に行こうって言ったのに。涙)このため、一人で宿泊先のホテルまで行くことに。

 

片言の英語で、外国to外国という旅はなかなかのチャレンジ。夜、一人でレイキャビーク空港からホテルへのバスを乗っている時には、「本当に着けるの!?」とひやひや。

 

f:id:spring33:20171102174805j:plain

ヒースロー空港からレイキャビーク空港へ。

 

アイスランドは、とても安全で、英語が通じる国です。だから不慣れな女性一人旅でもできたんだなぁと思います。街のみなさんとっても親切でした。旅の間に怖い思いをすることはありませんでした。

 

f:id:spring33:20171102174614j:plain

 滞在のホテル。

f:id:spring33:20171102174911j:plain

朝食、シンプルです。すいかもありました!

 

とにかく自然が豊か

 

アイスランドは豊かな自然がたくさんある国です。都市部を少し離れるととにかく自然しかない!デイツアーで主要なところをめぐりました。

 

f:id:spring33:20171102175106j:plain

 グトルフォスの滝

f:id:spring33:20171102175648j:plain

シンクヴェトリル国立公園

f:id:spring33:20171102175841j:plain

シンクヴェトリル国立公園

温泉もあったよ

 

火山の国で、島の真ん中を縦に大陸プレートが走っているため、地震も多く、温泉もあります。温泉施設、ブルーラグーンへ。温泉は熱々ではない温度で、ミルキーブルーのお湯。シリカ泥マスクも楽しみました。外国で入る温泉。楽しかった!

 

f:id:spring33:20171102175931j:plain

中ではあまり撮れなかったので、雰囲気だけ。

詳細はこちらがよいですー!

www.bluelagoon.com

乗馬もしたよ

 

体験乗馬ツアーに行きました。アイスランド・ホースという固有種とのことです。お馬ちゃんに乗って、普通の道を歩いていきます。何気にびびりました。列をなして、20頭くらいのお馬さんが観光客を乗せて、公園ではなく普通の土地を、川も越えながら、観光客同士の会話も特になく(みんな必死)、とにかく歩く。結構シュールな光景です。

 

お馬ちゃん、とてもよく調教されてるんでしょう。観光客の乗馬の腕はおかまいなしに、どんどん歩いていきます。心なしか目が死んでたような。。

 

この乗馬、実は、新鮮で楽しい!!と思ったのは前半だけでした。1時間半くらいほど、ずーっとひたすら乗り続けるので、お尻が痛いのと、腹筋が疲れて。。途中で降りることもできないので、ひたすら耐えていました。お馬さんありがとう。

 

私の前を歩いていた、デブのおじさんを乗せたお馬さんは、途中で暴れてました。そりゃ我慢もできなくなるよな~と同情しました。

 

f:id:spring33:20171102174250j:plain

かわいいけど疲れてる

 

f:id:spring33:20171102174331j:plain

シュールな光景

 

f:id:spring33:20171102174402j:plain

ジャブジャブ川も渡っていきます。見てのとおり、普通の道をどんどん行きます。

 

自然エネルギーの国

アイスランドはエネルギーの国として有名です。人口が33万人と小規模だからできるという側面もありますが、自然との共存モデル参考になりますね。 

1980年代から再生可能エネルギー発電への切り替えを推し進め、エネルギー政策先進国として世界から注目を浴びている。現在では国内の電力供給の約80%を水力、約20%を地熱から得ており、火力原子力発電所は一切ない。

アイスランド - Wikipedia

デイツアーのバスも地熱発電所の前を通っていきましたよ。

 

f:id:spring33:20171102180259j:plain

地熱発電所 

 

f:id:spring33:20171102180506j:plain

間欠泉①噴き出す前。

 

f:id:spring33:20171102180602j:plain

間欠泉②噴き出した瞬間。下に人が写ってます。すごい高さ!

 

滝や間欠泉など、本当にたくさんの自然のエネルギーに囲まれた国です。

 

アイスランドで登山!?

 

ところで、今回のアイスランド行きの発端は、一緒に行った友人が、日本で友達になったというアイスランド人の子がいたからです。彼はロンドン在住なのですが、その彼が一時帰国するからぜひおいでと誘われたのでした。

 

彼の家に遊びに行ったところ、お父さんが毎週登っているという登山をすることに。まさかアイスランドで登山をすることになるとは‥。一応スニーカーでも登れるコースはありましたが、なかなかしんどかったです。

 

4人で行ったのですが、私が一番体力がなかったのです。休憩のたびに、進むかどうか引き返すかどうかを"It depends on you."(あなた次第よ)と言われつづけ(若干圧をかけられ)、「・・・あと少しならがんばる。」となんとか頂上まで行きました!

 

f:id:spring33:20171102180854j:plain

登る。いい天気だったなー

f:id:spring33:20171102180924j:plain

さらに登る。最後尾でがんばってます。

 

f:id:spring33:20171102181220j:plain

着いたー!!!頂上からの絶景。引き返さなくてよかったー!!

 

f:id:spring33:20171102181309j:plain

 おじいちゃん2人で眺める素敵な光景。

アイスランド人の国民性

 

一緒に登山をした友人家族も含めて感じたことですが、島=国土の島国であること、人口が33万人と少ないこと、あと、地震や火山など自然が厳しいことなどから、シャイで控えめな方が多いと感じました。そしてとても親切です。外国人といえば、積極的で自己主張が強いと思い込んでいた当時の私にとっては、とても新鮮でした。

 

なんだか、日本人の気質と似ている面も多いなぁと思い、遠く離れたヨーロッパの国ですが、とても身近に感じました。気候が国民性に与える影響はとても大きいのでしょう。

 

f:id:spring33:20171102181446j:plain

 

まとめ

自然をいっぱい楽しめるアイスランド物価が高いことを除けば、安全で英語圏なので、とってもおすすめです。

 

思い返すと、この旅行でアイスランドに行ったことによって、世界の色々な国を見てみたい!という思いがますます強くなりました。その土地の文化、気候、歴史など環境すべてがその国の人々をつくる要素になっていたからです。そして行ってみて話してみないとわからない発見が盛りだくさん。

 

はるか遠い国に接したからこそ、それぞれの国の文化を活かしあいながら、ともに活躍できる社会を作りたい思いました。視野を広げてさまざまな人と接することはとても大切なことですね!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

■イチオシ!観光が学びになる感動ツアーです

twitter.com